top of page

海外視察のご案内

 当研究所では、25年あまりにわたって最新の海外保育事情視察を行ってきました。コロナ禍の3年間こそ実施できませんでしたが、昨秋はイギリス(ロンドン)、イタリア(ミラノ等)を訪問し、イギリスのチルドレンズセンター、イタリアのレッジョアプローチ施設などを視察するとともに、E.メルウィッシュ・オックスフォード大学教授やS.マントバーニ・ミラノビコッカ大学教授のレクチャーを受けるなど、充実した内容の視察を行うことができました。

 今年は、具体的な中身を検討中ですが、オランダ(コペンハーゲン)とスウェーデン(ストックホルム)をメインに訪問し、本場の森の幼稚園や独自のレッジョアプローチを採り入れた保育施設の視察、ストックホルム大学の先生よるレクチャーなどを検討しているところです。

 具体的な内容については、改めてお知らせいたしますが、スケジュールを押さえていただく関係で、現時点での日程だけお知らせしておきます。

 今のところ2024年10月20日(日)~10月26日(土)の5泊6日となる予定です。参加を希望される方は、この日程を空けておいてくださるようお願いいたします。


*会員ページのコラム・寄稿文に「vol.95|こども誰でも通園制度に向けた法案が国会に」(コラム・保育ナビ)、「44|人材確保の今後の課題とは」(連載記事・新釈「保育政策Q&A」)を掲載しています。

Comments


bottom of page